ヴィネットの補正:写真のバランスを保持する

レンズヴィネットとは?

レンズヴィネットは、写真の輝度または彩度が写真の隅に向けて暗くなる、周辺光量落ちの現象です。この現象は、レンズの設計段階での欠陥や使用した焦点距離や絞りなど、様々な要因により発生します。輝度は、レンズの中心部から周縁部に向けて徐々に失われます。

写真のレンズヴィネットの原因は何ですか?

この現象は特に、焦点距離の短いレンズ、ズームや望遠レンズを使って撮影された写真で発生します。また、広角絞りを使用した写真で強く表れる傾向があります。これは、鏡筒またはレンズの前面で使用されたガラスフィルターにより、光がブロックされることが原因です。

レンズヴィネットでは写真の端に向けて輝度が段階的に低くなります。

欠陥のカスタマイズされたマッピング分析

絞りと焦点距離の組み合わせごとに、DxO の技術者はレンズとカメラの組み合わせのヴィネット現象のカスタマイズマップを作成します。この補正マップでは、均等に光をあてられたドットチャートの写真を撮影し、周辺光量落ち現象のモデルが写真のピクセルポジションごとに作成されます。

写真の各ピクセルには、0~1 の値が割り当てられます。この値は、JPEG 画像をピクセルごとに補正するために使用されます。

同じドットチャートを使い、オリジナルの RAW データと最終の RGB 画像を使用して、ヴィネット値がカラーチャネルごとでも計算されます。これらの値は、多様な光条件で計測されます。分析されたレンズとカメラの組み合わせに応じて、ヴィネットマッピングデータには 100~500 枚のサンプル画像が必要になります。

取得されたキャリブレーションデータと分析情報は、対応するカメラとレンズの組み合わせに対応した補正ファイル(光学モジュール)にコンパイルされます。

レンズヴィネットでは、写真の端に向かって輝度が段階的に低くなります。

総合的な補正

DxO が実施するヴィネットの補正は複数の要素を考慮するため、画像の周縁部の明るさを単に回復するよりもはるかに効果的です。

DxO のヴィネット補正は、画像の周縁部の輝度を回復するだけではなく、複数の要因を考慮するため、非常に効果的です。 補正が写真の周縁部の露光オーバーを発生させていた場合に、露光を補正する 色ズレのリスクを制限する 暗い領域を明るくすることによるノイズの増加を制限する

色かぶりのリスクを制限します

暗い領域を明るくする場合に、ノイズの増加を防ぎます

tech-ba-00-a.2x.jpgtech-ba-00-b.2x.jpg

Nikon D4S (AF-S 200-400mm f4), 400mm f/4, 1/8000, ISO360 DxO のヴィネット補正は、露光を補正し、色ズレのリスクを制限し、ノイズの増加を防ぎます。


DxO PureRAW と DxO PhotoLab5 でカメラとレンズの補正を発見しましょう

DxO PureRAW

銀塩写真の魔法を、デジタルで。
12900 ¥ | 8998 ¥

DxO PhotoLab5

最高の写真処理ソフトウェア。簡単に使いこなそう。
21900 ¥ | 16498 ¥
Top