20年にわたるイノベーションとリーダーシップ

DxO、その卓越の歴史! DxO は、写真分野における最先端のブランドの1つとして国際的に有名であり、その歩みは、綿々と積み重ねられてきた、数々の技術革新で彩られています。

2003

Vision IQからDxOへ

経験豊かで、新技術にも精通した技術者であったジェローム・メニエールが、1994年に Vision IQ を設立しました。このスタートアップ企業は、一流の研究者たちとともに、プールで溺れてしまった人を検出できるコンピューター支援型監視システムを設計しました。この技術の開発には7年かかり、カメラ機器にはありがちな「レンズの欠陥」の数々を補正する必要がありました。 2003年、写真愛好家が、Vision IQ が秘めている素晴らしい可能性に気づき、このテクノロジーをデジタル写真の世界に適用することを決断しました。 こうして DxO が誕生したのです。

2004

最先端のオプティカルサイエンスをフォトグラフィーの世界へ

DxO は、特定のレンズとカメラの組み合わせで発生するレンズの「欠陥」を補正するよう設計されたモジュールを提供する、最初の写真編集ソフトウェア『Optics Pro』を発売しました。このソフトウェアでは色収差、歪曲、周辺減光、さらにはシャープネスの減衰も補正することができました。このスタートアップ企業は、写真撮影機器のキャリブレーションのためにトッカした研究所を設立した最初の企業でもあります。この研究施設により、エンジニアたちは、業界における他のどの製品とも異なる、包括的なテストプロトコルを確立することができたのです。

2006

「本物」のアナログを再現

DxO は業界で初めて「忠実度の高い」アナログフィルムシミュレーションを実現するソフトウェア『DxO FilmPack』を開発しました。この技術は革新的な手法によって開発されました。すべてのフィルムを分析し、キャリブレーションを行ってそれぞれ固有のカラーカーブを抽出し、直接マトリックス抽出によって粒子性の特質を解析したのです。また、可能な限り最高の結果を達成するために、DxO は2つの著名な写真ラボ、ニューヨークの Duggal と、パリの Picto と協業しました。この手法により、約25種類のアイコニックなフィルムの精密なレンダリングが実現したのです。

2012

新しい視点

DxO は、ボリュームディストーション、すなわち広角画像の外縁部に位置する被写体を歪曲させる「アナモルフォーシス」を自動的に補正できる世界初のアルゴリズムを開発しました。同時に、DxO のエンジニアたちは、画像に直接ラインを配置して解析を行う独創的なシステムを使用して、パースペクティブを自動的に補正できる革新的なテクノロジーを開発しました。そして最後に残った細かい部分に対応することで、『DxO ViewPoint』が完成したのです。

2013

最高の画質を求めて

DxO は『PRIME』の開発により、長年にわたるデジタルノイズとの戦いに、ついに決定的な勝利を収めました。 『DxO Optics Pro 9』で導入されたこの革新的なテクノロジーは、類似性検索技術に基づく非常に洗練されたアルゴリズムを使用しています。 『PRIME』は、すべてのピクセルについて、隣接する1000個のピクセルを調べ、2段階のノイズ除去プロセスを実行します。これにより、デジタルノイズは半分に削減され、細部はより精彩に、色は魔法のように鮮やかさを取り戻すのです。

2017

Nik Collection による革命

DxO は Nik Collection を買収しました。これは、その卓越したレンダリング品質と、独自の『U Point™』局所調整テクノロジーで世界中で認められ、広く利用されてきたクリエイティブソフトウェアスイートです。さらに複数の新しいフィルター、8番目の新しいプラグイン、Adobe Lightroom と連携する非破壊型ワークフロー、Adobe Photoshop と連携するクイックレタッチツールがこの大規模アップグレードに盛り込まれています。U Point テクノロジーが追加された『DxO OpticsPro』は『DxO PhotoLab』と名前を変え、より包括的なワークフローと強力な局所調整機能を提供するようになったのです。

2020

AIによるパフォーマンス向上

DxO は『DeepPRIME』によって、ノイズ除去と RAW 変換に、再び大きな革命をもたらしました。これは、『DxO PhotoLab』の4番目のバージョンに追加された RAW 画像ファイルの現像に特化した、専用の人工知能です。 DeepPRIME は、DxO ブランドの研究所で20年近くにわたって蓄積され、分析された数百万の画像をベースとしたディープラーニングによってトレーニングされ、従来の『PRIME』と同等の品質を保ちながら、ISO 感度値の2段分のゲインを実現しました。

2021

RAW 写真の新時代

DxO は、Adobe Photoshop と Lightroom のユーザーに最高のテクノロジーを提供する、『DxO PureRAW』をリリースしました。このソフトウェアは信じられないほど使いやすいインターフェイスで、DxO ブランドの主力技術である『DeepPRIME』とレンズの欠陥補正という2つのテクノロジーを Adobe のソリューションの前段で適用することができます。写真は瞬く間に最新の技術で撮影されたもののようになり、 ISO 値の限界を過去のものにしてくれます。

Top