DxO PhotoLab の DxO ClearView Plus テクノロジー

写真の白いモヤは何ですか?

白いモヤは、大気中の微粒子により光が拡散するために生じます。快晴の時でも、この回析光によって発生したモヤは、3km以上の距離がある被写体で非常に目立つことがあります。このような白いモヤはヘイズと呼ばれます。

水の微粒子によって発生する白いモヤはかすみ、視界が1km以下の場合は霧と呼ばれています。

pl-uch-00-a.2x.jpg pl-uch-00-b.2x.jpg pl-uch-00-c.2x.jpg pl-uch-00-d.2x.jpg
pl-uch-00-a.2x.jpg
ヘイズ
pl-uch-00-b.2x.jpg
モヤ
pl-uch-00-c.2x.jpg
pl-uch-00-d.2x.jpg
大気汚染

モヤの発生原因

撮影した被写体に反射した光の一部 (この例では、建物に反射した光。図Aの黄色い矢印) はカメラの方向に向かいますが、この光は大気中の微粒子の散乱過程で失われてしまいます (光が向かう方向については複数方向の矢印を参照)。その結果、撮影された被写体が薄れてしまいます。

光源 (この図では太陽) からの光の一部は、大気中の微粒子による散乱によってカメラの方に向かい、写真に寄生光を追加しています (図Aの青い矢印)。その結果、ブラックポイントが少なくなります。

モヤを除去するには?

論理的には、モヤの除去にはそのシーンの各被写体の距離、光の分散量、光源を知る必要があります。

これらの情報をすべて、1枚の写真から抽出することは不可能であり、選択の必要があります。第一原則は、モヤがない場合に、写真に部分的にブラックポイントがあるか (正確に言うと、RGBカラーチャネルの少なくとも1つの値が低いかどうか) を推測することです。

モヤの補正プロセスでは、R、G、Bの値が再びゼロになるようにし (光の分散を補足するため)、分散によって光を失った被写体を補うためにシグナルを次第に増幅します。


DxO ClearView Plus はこれらの原則に基づき、ワンクリックで白いモヤを除去します。

pl-ba-00-a.2x.jpgpl-ba-00-b.2x.jpg
pl-ba-01-a.2x.jpgpl-ba-01-b.2x.jpg
pl-ba-02-a.2x.jpgpl-ba-02-b.2x.jpg
Top