レンズ欠陥の補正:DxO の専門分野

DxO は 20 年近くにわたり、画像補正科学を研究しています。DxO の科学者たちは、機材に適切に合わせた比類のない品質のレンズ補正を提供するため、業界でも独自のプロトコルに従い、数百ものカメラや何千ものレンズを厳密に分析してきました。

サポート対象のカメラとレンズのリストをご確認ください

カメラレンズの主な欠陥:

ヴィネット

DxO の補正は、カメラとレンズの組み合わせの独自のマッピングにより、露光オーバーと色ズレのリスクの補正を考慮し、暗い領域を明るくすることによるノイズの増加リスクを制限します。これにより、画像のバランスを保ち、最高の写真を実現することができます。

幾何学的ディストーション

DxO は幾何学的ディストーション補正の優れた機能を提供しています。DxOは、参照画像をもとに画像の各ポジションのディストーションの程度を計算します。カメラが画像をすでに補正していた場合でも、欠陥が自動的に補正されます。

色収差

色収差を特定するため、DxO の技術者は画像のレッド、グリーン、ブルーのチャネルを個別に分析します。DxOの強力なアルゴリズムは、最高の仕上がりを実現するために、使用された絞りや焦点距離を考慮します。これにより、ディテールと色を保持しながら、カラーフリンジが削除されます

レンズシャープネスの向上

これほど高品質のレンズシャープニングツールを提供しているのは、DxO だけです。DxO の分析プロトコルは、画像の複数の個別ポイントのシャープネス計測をベースにしています。複雑なアルゴリズムにより、周縁部も含めた画像全体の微細なディテールやマイクロコントラストが回復されます。

DxO 光学モジュール

 

DxO 光学モジュールは、ヴィネット、ディストーション、色収差、シャープネス不足の同時補正に必要な、あらゆる情報を保持しています。DxO 光学モジュールは、カメラとレンズの組み合わせごとに、厳格で非常に精度の高いプロセスに従い、DxO ラボで設計されています。

DxO PureRAW と DxO PhotoLab 4

  でカメラとレンズの補正を発見しましょう

PureRAW
12900 | 8998 ¥
PhotoLab

この価格から: 12900 ¥

Top