DxO 光学モジュール:お使いの機材にカスタマイズされたモジュール

レンズ欠陥の自動補正

光学的欠陥は、機材の性質、設計品質、使用されるカメラとレンズの組み合わせに関係しており、それぞれの組み合わせで一定数の光学的欠陥が生じます。そのため、組み合わせの数だけ補正が必要な欠陥が存在することになります。

DxO のソフトウェアパッケージ(DxO PureRAW, DxO PhotoLab、DxO FilmPack、および DxO ViewPoint)は、写真を台無しにする可能性がある、ディストーション、色収差、ヴィネット、シャープネス不足の重要な 4 つの光学的欠陥を自動的に低減します。

わずか数KBで光学的欠陥を補正

DxO の光学モジュールは、カメラとレンズの各組み合わせに特有の補正をグループ化した、キャリブレーションデータのファイルです。対象の組み合わせにより、光学モジュールファイルのデータサイズは数百 KB から数 MB になります。

DxO はすべての有名メーカーのカメラとレンズの組み合わせの大半のモジュールを設計しています。この組み合わせの数は非常に多く、モジュールライブラリには常に新しい組み合わせが追加されています。DxO ソフトウェアがサポートするすべての機材のリストは、こちらでご覧いただけます。

2 段階のプロセス

DxO 光学モジュールの作成プロセスは複雑で、極限の精度が求められます。作成プロセスには計測フェーズと検証フェーズの 2 段階があります。

1 つ目のフェーズでは、レンズの光学測定が行われます。DxO ラボのコントロールされた環境で特定の測定チャートを使って写真が撮影され、一連の計測が行われます。ここでは、レンズのシャープネス不足の補正に必要なレンズヴィネット、幾何学的ディストーション、横色収差、知覚的ブラーの 4 種類の欠陥の特長が計測されます。計測された欠陥には、RAW および JPEG 画像で様々な撮影パラメータ(絞り、焦点距離、撮影距離など)の数学的モデリングが実施されます。

次に、数学モデルが正しいか確認するため、検証フェーズが実施されます。カメラとレンズの組み合わせが実際の条件でテストされ、可能な限り結果が完璧に近づくよう確認されます。DxO の技術者は屋外で撮影を行い、どのような焦点距離や撮影距離でも直線が正しく補正されるか、どのような被写体(青空など)でも写真全体で明るさが均一になるかなどを確認します。テストする機材により、検証フェーズでは 100~500 枚の写真が撮影されます。

これらの 2 段階の分析フェーズが終わると、DxO 光学モジュールのファイルにデータがコンパイルされます。 DxO は毎年、約 80 の新しいレンズと約 40 の新しいカメラをラボでテストし、キャリブレーションを実施しています。

1 つ目のフェーズでは、特定の測定チャートで写真を撮影して、レンズの光学測定を行います。

開いた瞬間に最高の写真を実現

DxO PureRAW, DxO PhotoLab、DxO FilmPack、または DxO ViewPoint で写真を開くたびに、写真の EXIF データを使ってソフトウェアがレンズとカメラの設計やモデル、使用された撮影パラメータを識別します。ラボで作成された、カメラとレンズの組み合わせに固有のアルゴリズムを使って、ユーザーが操作しなくてもソフトウェアが自動的に機材固有の欠陥を補正します。


DxO PureRAW と DxO PhotoLab5 でカメラとレンズの補正を発見しましょう

DxO PureRAW

銀塩写真の魔法を、デジタルで。
12900 ¥ | 8998 ¥

DxO PhotoLab5

最高の写真処理ソフトウェア。簡単に使いこなそう。
21900 ¥ | 16498 ¥
Top