U-point, DxO

U PointTM テクノロジー

 

デジタル画像を選択的にレタッチしたり調整する場合、調整を適用する領域を定義(マスク)するには、一般的に選択ツールやマジックワンドを使ったり、マスクを描くスキルが必要になります。これらの方法は難しい操作の一つであり、面倒だったり、正確さに欠けていたりします。

2000 年代の初め、ニール・コケモア(Nik Software の創業者兼前 CTO)とエンジニアチームは、この選択/マスクの操作をシームレスな方法で実現する、非常に効果的で画期的な代わりの方法を生み出します。それが、U Point テクノロジーです。

それ以降、Nik Collectionの 7 種類のプラグインに使われたこのテクノロジーは高く評価され、数々の賞を受賞します。DxO は 2017年に Google 社から Nik Collection を取得。U Point テクノロジーの体験や相互関係を近代化し、高度な写真編集ソフトウェア DxO PhotoLab で Raw 画像に使用できるようにしました。

U-point, DxO

DxO PhotoLab の U Point テクノロジーコントロールポイント

この機能は何ですか?どのように機能するのでしょうか?

U Point とは「You point」に由来しています。この機能では、コントロールポイントと呼ばれる参照ピクセルをマウスで指定するアクションを、できる限り自然な形で実現します。

このアクションは、自然な動き – 調整したいものを指さす – から生まれています。

ユーザーはサイズスライダで半径を調整して調整が影響を与える境界や距離のバイアスを定義できます。

指定した参照ポイントは、カラーチャネル値(レッド、グリーン、ブルー)および色相、彩度、明度の点から特徴を把握するテクノロジーが使用し、U Point エンジンが計算を実行します。

さらに、U Point テクノロジーは隣接する領域のテクスチャを分析し、カラーコンポーネントとテクスチャに応じて類似ピクセルを区別します。

U Point テクノロジーの魅力は、精度を上げるためにユーザーが好きなだけ U Point を画像の上に置けることです。

  • 類似性は多数のコントロールポイントによって分析されるため、エンジンは他の参照ピクセルと区別したり、類似性診断のバランスをとることができます。
  • 非円形エリアの選択をサポート
  • 選択を拡張し、わずかにシャドウのかかった参照ポイントも考慮
  • 異なる被写体上の異なる参照ピクセルを指定
U-point, DxOU-point, DxO
U-point, DxOU-point, DxO

DxO PhotoLab の U Point テクノロジー

DxO PhotoLabは、RAW 画像に U Point テクノロジーを使って幅広い調整を適用できる唯一のソフトウェアです。また、Raw 画像を非破壊ワークフローで編集できるようになりました。

  • 半径サイズ
  • 露光補正
  • コントラスト
  • マイクロコントラスト
  • ClearView Plus(Elite 版のみ)
  • 4 段階の選択的トーン(ハイライト、ミッドトーン、シャドウ、ブラック)
  • 自然な彩度
  • 彩度
  • ホワイトバランス
  • 色相
  • シャープネス
  • フォーカス/ブラー
U-point, DxO

DxO PhotoLab 3

高度な写真編集ソフトウェア

nik collection icons

すべての機能を利用可能

この価格から: 6900 ¥

この価格から: 12900 ¥