テクノロジー。

DxO FilmPack: 18 年にわたって培った写真科学を、銀塩写真のプロファイリングと厳格な特徴把握のプロセスに適用し、忠実度の高い仕上がりを実現します。

アナログ写真の技術的遺産を保護するため、DxO はそれぞれのフィルムが完全に失われてしまう前に、現存しているフィルムを収集し確保しました。その結果、20 世紀の写真業界を彩った、80 種類以上の伝説的なアナログフィルムストックのコレクションが誕生したのです。 DxO は、丁寧に保存された数十種類のアナログフィルムを使用して、テストチャートを用いたラボでの撮影と実際の条件下での撮影を行い、さまざまなシーンの写真を撮影しました。そして、カメラの設定や撮影条件に対する各フィルムの反応を詳細に記録しました。こうして保全された各アナログフィルムの DNA を、DxO FilmPack はデジタル写真に対して正確に再現することができます。

適切な状態で保管された数十本のアナログフィルムを使い、多様なシーンの参照画像が実際の状況やラボでのテストチャートを使って撮影されました。異なるカメラ設定や撮影条件に対する各フィルムの反応も詳細に記録。その結果、各アナログフィルムの DNA が保存され、DxO FilmPack がそのフィルムの特徴を忠実に再現できるようになりました。

均一なエリアでフィルムの自然な粒状感を特定し、フィルムの使用ダイナミックレンジに応じた粒状感の変化を反映することでモデル化を行いました。そして、異なる種類のフィルムのそれぞれの特性を徹底的にキャリブレーションし、標準的なシーンを用いてソフトウェアがアナログフィルムを忠実に再現していることを確認しました。RAW ファイルをアナログレンダリングに変換する際にも、DxO カメラモジュールが使われています。これらのモジュールにより、DxO FilmPack は各フィルムストックのスタイルを、RAW ファイルを撮影したカメラの特性に完璧に適合させることができます。

その結果、さまざまなフィルムタイプの特徴が総合的にキャリブレーションされ、デジタルで銀塩写真を完全に近いレベルで再現できるように、仕上がりがシーン別に分類されました。また、RAW ファイルの銀塩写真のレンダリングへの変換には、DxO のカメラモジュールも使用されています。

DxO FilmPack ではこれらのモジュールを使い、各フィルムのスタイルを RAW ファイルの撮影に使用したカメラの特性に適応させます。

この DxO 独自のプロトコルにより、銀塩フィルムの特徴を忠実に再現することができます。

DxO FilmPack

銀塩写真の魔法を、デジタルで。

¥ 13900

Top