写真全体でシャープネスの均一性を向上する

レンズシャープネスとは?

シャープネス(「尖鋭度」とも呼ばれます)とは、写真のシャープネスの表れ方を指します。シャープネスが優れた写真とは、詳細なディテールやマイクロコントラストを完璧に識別できる写真のことです。これは、レンズや撮影に使用された機材の製造品質に密接に関係します。また、絞り値、撮影距離や焦点距離など、撮影時に使用されたパラメータにも関係しています。シャープネスは写真全体で必ずしも均一ではなく、写真の中央部分が周縁部よりもシャープに見えることがあります。

撮影時に動いたために発生するボケがない場合でも、レンズのシャープネスが悪いために正しい焦点で撮影された写真にブラーが発生する場合があります。

写真の 100 か所以上のポイントで実行された有効計測

DxO は標準 MTF (Modulation Transfer Function) 計測の上を行き、写真のシャープネスの知覚的計測を実施します。絞りと焦点距離のそれぞれの組み合わせで、DxO 独自の BxU(Blur eXperience Unit)を使用して写真の知覚的ブラーを推定し、写真全体の 121 か所のポイントでシャープネスの有効計測を行います。絞り設定は、レンズシャープネス補正に使用され、レンズ回析を補完します。

DxO は BxU マップでモデルを重ね合わせ、写真のあらゆるポジションに BxU 計測機能を提供します。

RAW または JPEG ファイルに補正を直接適用

一般的なシャープニングツールとは異なり、DxO のシャープニングは RAW 形式と JPEG 形式の写真に直接適用できます。そのため、DxO はその他の調整や変更を適用する前の写真の最高のクオリティを使用します。DxO は写真全体の領域でシャープネス不足を補正し、均一でシャープな結果を生成します。

DxO のシャープネス補正アルゴリズムは均一な領域や焦点外の領域も考慮してクオリティが低減しないようにし、滑らかな写真を実現します。


DxO PureRAW と DxO PhotoLab5 でカメラとレンズの補正を発見しましょう

DxO PureRAW

銀塩写真の魔法を、デジタルで。
12900 ¥ | 8998 ¥

DxO PhotoLab5

最高の写真処理ソフトウェア。簡単に使いこなそう。
21900 ¥ | 16498 ¥
Top