DxO ViewPoint
 
 
 
 
DxO ViewPoint
視点を変える補正
 
 
広角レンズの強い味方
 

DxO ViewPoint は、パース歪みを自動的に補正し、画像の周縁部に位置する被写体のシルエットをワンクリックで自然なプロポーションに補正します。

  • パース歪みを補正
    シンプルな歪みでも複雑な歪みでも、広角レンズで撮影した画像のパース歪みを自動、またはアンカーポイントを使ってすべて手動で補正できます。
  • プロポーションを再現
    広角レンズで撮影した画像の周縁部に位置する被写体の顔や体の歪みを、自動的に補正します。本来のボリュームに忠実な写真を再現してください。
  • ディストーションを解消
    DxO ViewPoint は、世界で唯一の DxO 光学モジュールのデータベースを利用して、あらゆる種類のディストーション(たる型、ピンクッション、魚眼レンズ)を補正します。
  • 水平補正
    水平線の傾きを自動的に補正することで、風景写真のバランスを再現できます。
  • DxO ViewPoint
 

 
ミニチュアの世界
 

ティルトシフトレンズ特有の非常に浅い被写界深度をシミュレーションして、クリエイティブな効果を作り出すことができます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

使いやすいインターフェイス

  • DxO ViewPoint Interface

DxO ViewPoint 3 の新機能

  • Correction automatique des perspectives
    パース歪みの自動補正

    水平と垂直のパース歪みの自動補正と、シルエットや直角を保つための自動クロップ機能。

  • Effet miniature
    ミニチュア効果

    ティルトシフトレンズで実現される被写界深度の効果をシミュレーションし、ブラー効果の形と勾配を調整可能。

  • Automatic horizon correction
    自動水平補正機能

    画像の水平線の傾きをワンクリックで自動補正し、完全に水平な画像を簡単に作成可能。

  • Contrôles manuels améliorés
    最適化されたユーザーエクスペリエンス

    新しく使いやすいインターフェイス、簡素化された操作とパフォーマンスの向上。

    パース歪み補正と水平補正を正確に調整するため、アンカーポイント上に表示されるループツールを採用。

写真著作権 :

 

Jard Brychcy Architecture - www.jard-brychcy-architecture.fr
レオ・ラグランジュ スポーツおよび水中競技複合施設(フランス、グランド=シント)
©Luca Nicolao

 

©Julia Anna Gospodarou