DxO PureRAW  3
アップグレードする理由

DxO PureRAW の誕生は、2021 年 。DxO PureRAW は写真界に革命を起こし、フォトグラファーは、この RAW 事前処理ソフトウェアのメリットを目にすることになりました。2022 年には DxO PureRAW  2 でさまざまな機能がアップグレードされ、より迅速で効果的なワークフローを実現しました。
DxO PureRAW  3 は、さらにパワフルな新機能を搭載しています。最新テクノロジーをご確認ください。

バージョンを選択してください
DxO PureRAW 3

DeepPRIME XD テクノロジー

先駆的な人工知能を使ったノイズ除去とデモザイキングにより、必要な場所のディテールを引き出した、より滑らかな画像を実現もっと詳しく

- 1 1

DeepPRIME テクノロジー

機械学習を活用した画期的なノイズ除去とデモザイキングプロセスもっと詳しく

- 1 1

DxO 光学モジュールを使った光学補正

DxO のレンズとカメラのキャリブレーションがマッチしない場合でも、お使いのカメラとレンズに合った可能な限り最高の画質を実現もっと詳しく

- 1 1

レンズシャープネス補正の強さのカスタマイズ

レンズのシャープネス補正時に 4 つのオプションから選択して、適用するシャープネスの強さを設定、または完全に無効化

- 1 1

ヴィネット補正、色収差補正、レンズディストーション補正の無効化

適用する補正のオンとオフを切り替えもっと詳しく

- 1 1

ワンステップの画像処理とエクスポート

お好きなソフトウェアにファイルを自動エクスポート。処理前にエクスポート先だけを選択

- 1 1
V3.7 の新機能

PureRAW 内から Lightroom コレクションを管理

あらゆるコレクションセットで任意のコレクションに画像を追加、新しいコレクションを作成、または既存のコレクション内で画像を処理

- 1 1

処理キューシステム

どのファイルが処理中かを追跡可能

- 1 1

処理中のファイル並べ替え

優先するファイルを選択

- 1 1

処理キューからのファイルやファイルバッチの削除

処理キューから個々のファイル、複数のファイル、ファイルのバッチを削除

- 1 1

既存の処理キューへの新規ファイルの追加

処理待ちの画像キューに新規ファイルを追加

- 1 1

ファイル処理の一時停止と再開

必要な場合に、ワンクリックで処理を簡単に一時停止・再開

- 1 1

クロップ領域の定義

レンズに応じて、オリジナルのアスペクト比を維持、または最大の画像領域を確保もっと詳しく

- 1 1

X-trans RAW ファイルのサポート

Fujifilm X-Trans RAW ファイルを処理し、素晴らしい画質を実現

- 1 1

Adobe Lightroom Classic プラグイン

Adobe Lightroom Classic 内からファイルを処理し、新しいリニア DNG ファイルをすぐにカタログに表示もっと詳しく

- 1 1

ファイルブラウザの連携

エクスプローラー (Windows) または Finder (macOS) での右クリック

- 1 1

TIFF エクスポート(8 または 16 ビット)

RAW 画像を TIFF ファイル ( 8 ビットまたは 16 ビット) でエクスポート

- 1 1

M1 サポート(Mac)

Apple 社の最新アーキテクチャをネイティブでサポート

- 1 1

接頭語と接尾語を使ったファイル名の変更

ファイルのエクスポート時にカスタマイズした接頭語または接尾語を追加

- 1 1

RAW 変換

サポートされた RAW ファイルのデモザイキングとノイズ除去

- 1 1

複数ファイルの処理

複数ファイルの並行処理

- 1 1

JPEG エクスポート

RAW ファイルを JPEG ファイルとしてエクスポート

- 1 1

DNG エクスポート

RAW ファイルをリニア DNG ファイルとしてエクスポート

- 1 1

DxO PureRAW  3

あなたのカメラとレンズのすべてをブースト