DxO PhotoLab

ブラシツールの適用比率と不透明度

ブラシツールの柔軟性を高め、より段階的であらゆるニュアンスの部分レタッチを実現できるように、新しいパラメーター設定 [適用比率] と [不透明度] が追加されました。

Mac

Windows

[不透明度]では、色を塗る領域の最大不透明度(または透明度)のレベルを定義できます。不透明度が100 %に設定されている場合、その選択領域は完全に不透明になり、部分調整は100 %適用されます。

不透明度が50 %に設定されている場合、ブラシを使って50 %以上の不透明度に塗ることはできず、部分調整は50 %しか適用されません。

Mac

Windows

[適用比率] では、ブラシのストロークごとに適用される「絵の具」の量を定義できます。適用比率が100 %に設定されている場合、ブラシを1回ストロークするだけで、事前に定義した最大の不透明度を実現できます。

適用比率が13 %に設定されている場合、1回目のブラシストロークは最大不透明度の13 %を適用し、2回目のブラシストロークを同じ領域に行うと、さらに13 %が追加適用されます。この操作は設定された最大不透明度に達するまで続けることができます。

Mac

Windows

この新しい2つのオプションにより調整の境界推移や強さをコントロールすることができ、最大限自然でプロレベルの仕上がりを実現できます。

補正前 / 補正後

これらのパラメーターは消しゴムツールでも利用できます