DxO FilmPack

DxO FilmPack 4 を使ってヴィンテージ風写真を作成する

Christophe Gressin氏とのコラボレーション

このチュートリアルではDxO FilmPack 4のクリエイティブなプリセットや様々な効果/調整スライダを使って、画像に対してヴィンテージ風な画像感を与え高画質な写真を作成する方法を紹介します。

このチュートリアルを利用するには以下のものが必要です。

• DxO FilmPack 4 (一部の機能はエキスパート版でのみ利用可能)
• JPEG またはTIFF 形式の画像
• サンプル画像をここから ダウンロードしていただけます。

1- ヴィンテージ風写真

「Vintage」という英単語はワイン醸造学からとられたもので、ワインの収穫された年を指しますが、これが転じて、古いもの、あるいいはそれの作られた時代を意味します。写真の世界でヴィンテージ・プリントというと写真の撮られた時代にフォトグラファー自身によって、または監督下でプリントされた写真を指します。

デジタル写真の世界でヴィンテージ写真というと、銀塩写真時代にプリントされた写真、更にフォトグラファー自身でプリントされた初期の写真を指します。DxO FilmPack 4を使えば、銀塩フィルムのレンダリングを適用し、このような写真の画像感を再現できるだけでなく、様々なクリエイティブなツールパレットで効果を自分の好みに応じて微調整することも可能です。

画像感を作成するには、銀塩フィルムのレンダリングやデザイナーズ・プリセットという既に作成されたプリセットをそのまま適用したり、自分自身でオリジナルな画像感を作ることもできます。DxO FilmPackを使って、どのように色を退色させたり、テクスチャを追加したり、昔風の光漏れやフレームの効果を使うかを説明します。

2- デザイナーズ・プリセット

DxO FilmPack の画面下の〔プリセット・パネル〕には〔デザイナーズ・プリセット〕タブがあり、ヴィンテージ風の画像感を作るのに適したプリセットが用意されています。これらのプリセットは、銀塩フィルムのレンダリングにプラスして効果やスライダ調整が既に設定されており、数クリックで好みの画像感を入手することが可能です。またデザイナーズ・プリセットの設定内容を見ることで、どのように画像感を作られているのかを知り、自分自身で画像感を作るのに役立てることもできま

2.1 – デザイナーズ・プリセットを選ぶ

プリセット・パネル〕内の〔デザイナーズ・プリセット〕タブを選択します。

画像にヴィンテージ風の画像感を作成できるデザイナーズ・プリセットを以下にあげます。

  • ローファイ:使用期限の切れたフィルムで撮影したような退色した感じを出します。
  • 郷愁:セピア調を強く出し、コントラストを上げた画像感になります。
  • 屋根裏で見つけた:屋根裏部屋にずっと忘れられていた古いスライドフィルムの様な画像感を再現できます。

ヒント:

プリセットの名称がわかっている場合、〔プリセット検索〕欄に入力すれば直接アクセス可能です。

2.2 – 画像感のカスタマイズ

デザイナーズ・プリセットの予め設定されている補正パラメータを画面右側の〔効果〕と〔設定〕タブを使って再調整することができます。

郷愁〕プリセットの場合、効果は以下のように設定されています。

自分の好みに応じて、これらの補正パラメータを変えることも可能です。この場合〔調色処理〕プルダウンメニューから〔土色セピア〕を選択し直します。

デザイナーズ・プリセットには設定されていない効果を追加することも可能です。ここでは〔フィルタ〕の〔冷たいトーン〕を選択し、〔テクスチャ〕の〔しわくちゃの紙〕を選択し〔強さ〕スライダの値を〔70〕に設定します。

これらの設定を施すと、以下の様な画像になります。

3- モノクロのヴィンテージ風写真

この章では、モノクロフィルムのレンダリングをベースにしてヴィンテージ風の画像感を作成します。

3.1 – モノクロフィルムのレンダリングを選択する

プリセット・パネル〕内の〔モノクロフィルム〕タブを選択し、自分の気に入ったフィルムを選択します。ここでは、色あせた感じの画像感、細かいが存在感のある粒子を持ったKodak BW™ 400 CNを選択します。

ヒント:

モノクロ写真を作成する場合、元画像と補正画像を比較するのに、元画像のカラー画像と比較するのはあまり好ましくありません。ツールバーにある〔スナップショット〕機能  を使ってモノクロに変換した画像を一時的に保存することをお勧めします。(ショートカットキー:T)

3.2 – 粒状感を適用する

粒状感を画面上で確認するためにはアイコン  をクリックして100%表示にする必要があります。ハンドツール を使って画像内でモデルの顔を探します。次に〔1画面2分割プレビュー  を使って、適用した効果を比べることができます。

このデモ画像では粒子がとてもはっきりしているので、ここでは〔強さ〕スライダの値を〔60〕に設定し粒状感をやわらげます。

ヒント:

元画像(左)と現在補正中の画像(右)の境界線をマウスで移動することで、補正の具合を比較し確認することができます。

3.3 – 〔コントラスト〕と〔マイクロコントラスト〕を調整する

画面右のコントロールパネル内の〔設定〕タブを選択します。〔コントラスト〕を抑えると古い感じの写真にすることができますし、〔マイクロコントラスト〕を下げると昔風の写真の多少ぼけた感じを出すことができます。 このデモ画像では〔コントラスト〕スライダの値を〔-50〕に設定し、〔マイクロコントラスト〕スライダの値を〔-30〕に設定します。

〔ズームフィット〕アイコン  を使って結果を確認します。

3.4 – ヴィネットを適用する

微調整が終わったら、〔1画面プレビュー〕アイコン をクリックします。

クリエイティブ・ヴィネット〕パレット内で〔強さ〕スライダの値を〔35〕に設定し、ヴィネット効果を追加します。被写体との関係を均等にするために中心をモデルのベルトの位置に持ってきます。〔中心を設定する〕ボタン  をクリックし、画面上に現れる円いマ 最後に〔適用〕ボタン  をクリックします。

3.5 – クリエイティブ・ブラー・ヴィネットを適用する

ヴぇんテージ風の写真にするために、〔クリエイティブ・ブラー・ヴィネット〕を使って画像のシャープさを抑えることができます。〔強さ〕スライダの値を〔5〕に設定し、他のスライダの値を〔0〕に設定することで、画面上に均一にブラーをかけることができます。

3.6 – 光漏れを適用する

光漏れ〕をシミュレートすることで更に写真を古く見せる効果があります。このデモ写真には〔光漏れ〕プルダウンメニューから〔白6〕を選択します。

これで補正作業が終了しました。

4- カラーのヴィンテージ風写真

4.1 – カラーフィルムのレンダリングを選択する

フィルムレンダリング〕パレット内で、やや褪せた色でヴィンテージ風の色調を持った〔Fuji Provia™ 400F〕を選択します。ここでは〔フィルム粒状感〕は適用しません。

4.2 – フィルタを適用する

カラーフィルタを適用することにより色調の微調整をすることができます。ここではプルダウンメニューから〔モーブ〕を選択し〔濃度〕スライダを〔150〕に設定します。

4.3 – クリエイティブ・ヴィネットとクリエイティブ・ブラー・ヴィネットを適用する

前の章のステップ3と4と同様に〔クリエイティブ・ヴィネット〕と〔クリエイティブ・ブラー・ヴィネット〕を適用します。

4.4 – テクスチャを適用する

テクスチャ〕効果を使えば古い写真のように見せることができます。ここでは〔〕を選択し〔強さ〕スライダの値を〔30〕に設定します。

4.5 – フレームを適用する

最後に画像に〔フレーム〕を適用することで、更にヴィンテージな感じを強調することができます。プルダウンリストの中から〔フィルム〕を選ぶことで古いフィルムからそのまま焼き付けられた様な印象を与えることができます。

写真提供: Thomas Babeau