DxO PhotoLab

DxO OpticsPro 11の新しい自動補正機能

Gilles Theophile氏とのコラボレーション

DxO OpticsProの性能の特徴は自動補正機能にあります。フォトグラファーの手を煩わせることなく補正後のレタッチで効率よく作業が出来ますが、この新しいバージョンでは、自動補正機能が更に追加されました。自動と手動で行える赤目修正機能と顔を自動的に検知し、それによってデジタルノイズを調整する自動マイクロコントラスト補正機能です。このチュートリアルでは、これらの新機能の使い方を説明します。

このチュートリアルを利用するには以下のものが必要です。

  • DxO OpticsPro 11
  • RAWまたはJPEG画像

1- 赤目修正機能

フラッシュ撮影の際、しばしば赤目現象が発生します。これは、毛細血管で覆われた網膜がフラッシュの光で反射するからです。この現象は、瞳孔が開いていることにより強調されるが、撮影場所が暗かったり、レンズとフラッシュの光の位置が近い場合に起きます。特にフラッシュ付きのカメラが該当します。

赤目を防止する方法は簡単です。まず全体の照明を明るくし、カメラをフラッシュから遠ざけます。フラッシュを使わないことも一案です。しかし、これらの方法がいつも可能とは限らないため、撮影後、写真編集ソフトウェアによる面倒なレタッチが必要になります。

DxO OpticsPro 11では新しく赤目の自動補正機能が追加されました。自動で検知できない場合には手動補正も可能で、特に横顔の赤目に有効です。

補正例:赤目補正前/赤目補正後

赤目の自動補正

赤目の自動モードによる補正は非常に簡単で、同じ画像内に赤目の人が複数いた場合でも補正可能です。

補正パレット内の〔赤目修正〕ツール

〔赤目修正〕サブパレット

以下に、DxO OpticsProで画像を開いた後の手順を説明します:

  • ツールバーの右端にある〔赤目修正アイコンをクリックするか、〔ディテール〕パレットの〔赤目修正〕サブパレット内のツールアイコンをクリックして〔赤目修正〕ツールをアクティブにします。
  • この場合、赤目は自動的に補正されています。
  • サブパレット内に検知された赤目の数が表示されます。
  • 補正された赤目には白い楕円が描かれています。
  • プレビュー画面の下の〔閉じる〕をクリックすると補正が画像に適用されます。

補正された赤目の上に描かれた楕円

メモ

赤目の自動補正は、RAW画像(またはDNG)やビットマップファイル(JPEG/TIFF)のどちらでも機能します。

赤目の手動補正

自動補正されたものを更に調整したい場合、手動モードに切り替えて、自動検知されなかった赤目を指定することができます。

赤目が自動検知されなかったことを示すメッセージ

手動で補正する場合の手順:

  • 目の形のアイコンをクリックして〔赤目修正〕ツールを有効にする。
  • 画像内でマウスポインターを移動して補正する赤目の部分に四角い枠を描く。
  • 赤目の上に楕円が描かれ、赤目は即座に補正されます。
  • 閉じる〕をクリックします。

メモ

このデモ画像では、目の大きさが小さすぎるため赤目が検知されませんでした(ズーム率100%で表示)。

手動で四角い枠を赤目の部分に描きます(補正されると、四角い枠が編集可能な楕円に変更)

赤目の手動補正

自動で設定されたものでも、手動で描いたものでも、赤目補正のための楕円は編集が可能です。以下の手順で補正します:

  • マウスカーソルを楕円の上に持ってくると編集可能になります(ハンドルが表示)。
  • ハンドルをマウスで操作してサイズを変更する(ハンドルは垂直方向と水平方向に動きますが、同時に回転も可能です)。
  • マウスポインターを楕円内に持ってくると移動できます(移動ツールに変わります)。
  • 楕円外の右上の×印の上でクリックすると楕円を削除できます。

メモ

楕円の2つのハンドルは通常は白く、マウスを重ねると黒くなり編集可能になります。一度に1つだけ編集できます。

編集可能な楕円

補正のための楕円は、一度に1つの目だけを補正できます。

メモ

手動で赤目の上に四角い枠を描くとき、目全体を囲むようにしてください。より正確に楕円を配置するためにはズーム率を上げることをお勧めします。

2- 自動マイクロコントラスト補正

マイクロコントラストの自動モードを使う

マイクロコントラスト〕ツールは、画像内のディテールとテクスチャを強調することができます。この機能は、人工物、建築、風景などの写真に対して非常に有効ですが、スライダをマイナスの方向に動かせば、ポートレート写真で肌の肌理を和らげる効果もあります。

DxO OpticsPro 11では、〔マイクロコントラスト〕の自動モードが追加されました。これにより、画像内のディテールをくっきりと見せる効果がありますが、画像内にデジタルノイズが多い場合や人物の顔がソフトウェアにより検知された場合には機能しません。

〔コントラスト〕サブパレット

〔マイクロコントラスト〕の自動モードの使い方の手順:

  • 主要ツール〕か〔ライト〕パレットを開く
  • スライダの右のマジックワンドアイコンをクリックする。
  • 〔マイクロコントラスト〕が画像に適用される。
  • 補正をキャンセルするには、マジックワンドアイコンを再びクリックする。

補正の度合いですが、画像の内容によって増減します。以下のデモ画像で確認していただけます。

使用例

この写真は、よく晴れた日に撮影されたもので、ディテールが非常に細かく〔マイクロコントラスト〕による補正に非常に適したものです。自動補正では、スライダの数値が〔16〕に設定されています。

自動マイクロコントラスト補正前/補正後

自動マイクロコントラスト補正前/補正後(ズーム率100%表示)

次のデモ画像はISO 12800 で撮影されたものです。デジタルノイズが多く、ざらつき感を強調しないため、自動補正は〔5〕に抑えられています。

もちろん、手動でスライダの数値を上げることは可能ですが、その前にデジタルノイズの補正を実行することをお勧めします。

補正後画像

自動マイクロコントラスト補正前/補正後(ズーム率100%表示)

最後のデモ画像には人物が入っているため、顔が検知されると自動的に〔マイクロコントラスト〕の強調はなされず、スライダは〔0〕のままです。

顔が検知されたため、マイクロコントラストの値は〔0〕のままです

写真提供: Gilles Théophile