ディテールを保持しながら色収差を削除する

色収差とは?

色収差はパープル色や赤色のフリンジとして表れ、特に写真のコントラストが強い領域で強く表れます。この現象は、レンズがすべての色に同じポイントでフォーカスできないために発生します。写真の色収差の程度は、使用されるレンズのタイプやその他のパラメータ(絞り値、焦点距離、撮影距離など)によって変わります。

色収差にはどんな種類がありますか?

色収差には 2 種類あります。横色収差または横収差は、カメラのイメージングセンサーの表面で、様々な光の波長が異なる位置でフォーカスされた場合に発生します。縦色収差または軸上色収差は、様々なカラー光の波長が、カメラのイメージングセンサーの表面から異なる距離でフォーカスされた場合に発生します。

横色収差

縦色収差

写真で色収差が発生する原因は何ですか?

虹や、光がプリズムを通した時に分かれるように、白い光はフルカラースペクトラムで構成されています。それぞれの色には異なる波長があり、わずかに異なる距離でフォーカスされます。

大半のレンズは、異なるカラーがほぼ同じ場所でフォーカスされるように設計されていますが、時折、特に写真の周縁部に向けて光と暗闇の境界推移が強い場合に、レッドフリンジまたはパープルフリンジとして色収差が表れます。

DxO の技術者は、異なる焦点距離と撮影距離のドットチャートの画像を撮影します。

DxO の技術者は、異なる焦点距離と撮影距離のドットチャートの画像を撮影します。

レンズの横色収差を検証するため、異なる焦点距離と撮影距離でドットチャートの画像が撮影されます。DxO の技術者は、同じポイントの異なる色の要素間(レッド、グリーン、ブルー)の既存の最大距離(ピクセル)をフィールドの異なる地点で計測します。

この計測により、正確なスケールで色収差の最大値を定義することができます。0.3 mm 未満の場合、目に見えません。0.03 mm~0.06 mm の場合は色収差が確認でき、0.07 mm を超えると目障りになります。

DxO のエンジニアは、異なる焦点距離と撮影距離のドットチャートの画像を撮影しました。

DxO は色収差をどのように補正するのですか?

レンズの横色収差を検証するため、異なる焦点距離と撮影距離でドットチャートの画像が撮影されます。

DxO の技術者は、同じポイントの異なる色の要素間(レッド、グリーン、ブルー)の既存の最大距離(ピクセル)を、フィールドの異なる地点で計測します。この計測により、正確なスケールで色収差の最大値を定義することができます。0.3 mm 未満の場合、目に見えません。0.03 mm~0.06 mm の場合は色収差が確認でき、0.07 mm を超えると目障りになります。

tech-ba-00-a.2x.jpgtech-ba-00-b.2x.jpg

DxO のアルゴリズムを使った色収差の補正により、色とディテールを保持しながらカラーフリンジが削除されます。


DxO PureRAW と DxO PhotoLab5 でカメラとレンズの補正を発見しましょう

DxO PureRAW

銀塩写真の魔法を、デジタルで。
12900 ¥ | 8998 ¥

DxO PhotoLab5

最高の写真処理ソフトウェア。簡単に使いこなそう。
21900 ¥ | 16498 ¥
Top